04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

World Time

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

日々想うコト

趣味(単車、旅etc・・・)、仕事、時事等々、独り言をつらつらと書き留めておきますか。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

世界最速のインディアン

2007.05.28/Mon/18:17:34

 正直、仕事が忙しいのもあるが、普段の生活からバイクが無くなると、不思議と書くことがあまり無くなってしまった。
 というより、書こうという意欲が薄くなってしまって、更新がついつい遠ざかってしまう。

 これじゃ、いけないと思うので、少し気合いを入れていこう。

 バイクネタではこれを入れて3つ(4つ?)仕入れたので、2週間は持つかな?

 第一弾は、バイク映画「世界最速のインディアン」。
こちらが映画「世界最速のインディアン」の公式サイト

 公開が終了して既に数ヶ月経っているので、紹介する時期としては最悪なくらい外しているのだが、DVDが7月末に発売されるということなので、その予習にはなるかな?・・・ならないな、こんな紹介じゃ。(笑)

 とは感じつつ、観る切っ掛けの一つになればと思う。

 映画を見た第一印象、「世の中には凄い男がいるもんだ。」

 正直、何の捻りもない台詞だが、この映画を見てそれを痛切に感じた。

 名優アンソニー・ホプキンス演じるバート・マンローは実在の人物。

 1920年製のインディアン・スカウトを駈り、世界最速に挑んだ男の話である。

 織田信長が好んで待った幸若舞「敦盛」の一節

「人生五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。」

 事実、平均寿命として日本人が50歳を超えたのは僅か40年前の統計からであり、信長が生きた安土桃山時代では、50年を生きたのは長寿であっただろう。

 しかし、このバート・マンロー、ただ者では無い。

 彼が、記録として今も残すのは70を超えてからだ。

 それでも、ただ走らすだけで良ければ、出来るかも知れない。
 しかし、彼はレーサー(パイロットの方が適切か)だけではなく、エンジニアも一人でこなしていた。

 大金持ちであれば、金の力で何とかなるかも知れない。
 しかし、彼は年金生活者であり、金持ちとは対局の存在だった。

 退職者の道楽か?
 彼は、若いときからコツコツと実績を積み上げて来て、花が咲いたのがこの歳なのだ。

 この映画に感銘を受け、原作本「バート・マンロー」も買ってしまった。

 本を読んで更に驚いた。
バートマンロー

 映画に嘘は無い。
 というより、長い人生を2時間で納めるには、これが精一杯だろう。
 だから、当然、映像化されるエピソードは絞られる。

 実際のバートマンローは、もっと凄かった。

 こんなに、何か一つのことに打ち込める人生って、それだけで素晴らしいと素直に思う。

 ちょっと残念なのは、この本はどうやら完売に近いらしい(重版の予定は無いらしい)
 それも、Amazonでは中古本がプレミア付きで売られている。

 流石に「プレミア」付きを買うのは少々納得しかねるので、色々と調べて見たら、紀伊国屋の数店では店頭在庫があるらしい。
 ネットでも購入出来るので、ネットはAmazonしか買わないという方は別だが、是非ともご一読をお勧めする。

 これは、本筋ではないのだが、はっきり言って、タイトルは頂けない。
 インディアンなんてバイクメーカーは、バイクに乗っている人だって多くいないだろう。
 一般の人なら推して知るべきだ。
 大体、メーカーが無くなったのは1953年なのだから当然のことだ。

 そんな状況なのに、こんなタイトルなら、普通、オリンピックでも出て初めて勝ったネィティブアメリカンのヒューマンストーリーか何かだと勘違いするのじゃないか。
 本当にそう思った。

 原題が「THE WORLD'S FASTEST INDIAN」だから、直訳するとその通りなのだが、もう少し何とかならないものだろうか。

 例えば、以下は有名な洋画の原題だが、邦題は想像つくだろうか?

・LOVE IS A MANY-SPLENDORED THING
・SUMMERTIME
・Butch Cassidy and the Sundance Kid

 答えは、上から、「慕情」、「旅情」、「明日に向かって撃て」だ。

 どれも古い映画なので、若い方々は知らないかもしれないが、同年代以上の方は原題は知らなくとも邦題は一度は聞いたことくらいはあるだろう。

 下手な邦題を付けるよりは、直訳の方が良いというのも判るが、ワン・センテンスで全てを表す邦題というのはそれはそれで素晴らしいと思うのだが。

 それも叶わぬのなら、せめて原作本のタイトル「バート・マンロー スピードの神に恋した男 」の方が良かったのではないだろうか。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ: 映画
tb: 2 |  cm: 0
go page top

 

シーズンイン

2007.05.11/Fri/18:52:37

 久々のブログ書きのついでにテンプレートを変えてみた。

 前のデザインはクールでとても気に入っていたのだが、ずっと同じだと幾ら気に入っていても飽きが来るものだ。
 飽きと慣れは、止める理由と続ける理由の一番大きな要素かもしれない。

 さて、結局は自宅に置いておくことになったV11ネロコルサ。
 逆出張で札幌に帰る度に週末は必ず乗っている。
 いつも乗れる環境だと、逆にいつでも乗れると思って乗らない週末があったりするものだが、自宅に帰る目的の大きな理由なだけに、多少の用事があっても上手くやり繰りして乗れる時間を作っている。

 去年のように乗る度にODOを記録するのは止めてしまったが、20,000kmは結構前に超えてしまった。
 やっぱりバイクに乗るのは、それだけで楽しいものだ。

 今年は妻と2回ショートツーリングに行った。
 1回目は自分が良く行く厚田まで。
 2回目は石狩太美のチョコレート工場とラーメン屋に。

 妻は3年前の最初のツーリングで、私が事故に遭ってからは年一回近所を一回りする程度だったので、最初は流石にぎこちなかったが、4~50km位でも2回も行くとそれなりに勘は戻ってくるようだ。

 これは、厚田での一枚。
厚田で2台

 2台並んだところを改めて見ると、手前味噌だが雰囲気があって格好良いと思う。
 伊物のデザインはやっぱり秀逸だ。

 伊物と言えば、トップケースも伊物のGIVIを付けている。
トップケース

 トップケースを付けた姿はスタイリッシュでは無いが、普段使いにはこんな便利な物もなく、正直手放せないものになってしまった。

 しかし、妻との2回目のツーリングに戻ってきてから、鍵の開け閉めが急に渋くなってきた。
 鍵を回そうとすると引っかかって回らないのだ。
 それまではまったく問題なくスムーズに回転していたのが、引っかかるのが数回に1回発生する様になり、癖を掴もうと何回か開け閉めしているうちに、その数回の数がどんどん増えていって、仕舞には全く回らなくなってしまった。

 デザインが良いのも伊物だが、こんな「へっ、なんで?」という壊れ方をするのも伊物の愛すべき特徴だったことを改めて思い出した。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: 単車
tb: 0 |  cm: 1
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。