FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

World Time

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

日々想うコト

趣味(単車、旅etc・・・)、仕事、時事等々、独り言をつらつらと書き留めておきますか。

InterPhone

2007.06.08/Fri/23:27:10

本当は、浮気の代償 ~関東ショップ巡り その2~に行くところだが、先にどうしても書きたいことがあったので、こっちを先に書くことにした。

 3年前、免許取り立ての妻とツーリングに行くことが決まったとき、2台で走りながらコミュニケーション出来る良い方法がないものかと考えた。

 そこで、最初に選んだのがこれ。
UBZ-LJ20

 ケンウッドの特定小電力無線機 デミトス20

KHS-21

 これに、純正のヘッドセットKHS-21のヘッドセット部分をばらしてスピーカーとマイク部分だけにしたもの(機能的には無改造)をヘルメットに取り付けてみた。

 この無線機は半二重なので、一方が話しているともう一方は聞くことしか出来ない。
 だから、送信はボタンを押しながらになるのだが、バイクに乗っているときに送信ボタンを押すのは煩わしいし、第一、免許取り立ての妻にそんな操作をさせながら走らせるのは危険極まりない。

 これが購入時に一番気になった点だったが、VOX機能というものが付いていることが購入の決め手になった。
 これは、待機状態のときに常に音(声)をセンシングしておいて、音声を感知したら自動送信してくれるという優れものだ。
 周りの音を拾って誤送信するのを避けるために、センシングレベルを個別に3段階設定出来るし、ちょっとした声の狭間に切れてしまうのを防ぐため、無音になってから切れるまでの秒数を個別設定出来るなど、機能的には申し分ない。

 それで、結果はというと・・・

 虎の子のVOX機能が殆ど役に立たない。

 妻のメットがジェットタイプということもあるのだが、風切り音をセンシングして送信しっぱなしになったり、肝心の声の時にはセンシングしなかったり。
 このVOXを色々と設定してみても、この風ON、声OFFがどうやっても解消出来ないのだ。
 本当に、この調整範囲の狭さにはがっかりさせられた。

 これよりもっと切実なのが、そこそこの図体とアンテナを持っているくせに、びっくりするほど短い距離し電波が飛ばないのだ。
 止まっての距離であればそれなりに飛ぶのかもしれないが、双方が走っていると(制限速度程度)、真横とか真後ろなら何とか聞こえるが、車1,2台挟んだ距離くらいで、ノイズが乗りまくって事実上会話が全く出来ない。

 元々、バイクでの通話用に開発された訳じゃないだろうから、仕方のないことなのかも知れないが。

 とは言え、「タナックス オートバイ用トランシーバーセット」や「ライドコム」など、殆ど同一構成の製品が世に出ているのを見ると、単に私の使い方が悪かったのだろうか、それとも元々こんなものなのが常識なのか。

 今でも興味はあるので、これらの製品ユーザーが見ていたらインプレッションを教えて欲しい。

 残念ながら、私達には全く使えないとは言わないが、
 正直言って、無いよりマシ程度のシロモノだった。

 今年も3回ほど、このキットを使って2台でツーリングに行ったが、感想は3年前と何ら変わることがなかった。

 常々、これを不満に思いながらインターネットで情報収集していると・・・

 InterPhoneなる商品を見つけた。
InterPhone

 調べてみると、以前のような無線機とヘルメットをコードで結ぶタイプではなく、本体そのものをヘルメットに取り付けるタイプとのこと。
 要は、そのような取り付けをしても問題無い程度の大きさと重量ということらしい。

 通信方法も全二重通信とのことで、電話感覚で話せるらしい。

 連続通信時間は7時間程度と私達には十分な時間だ。
 待機状態では700時間(って何日分?)も持つらしい。
 充電時間は空っぽからで3時間程度とこちらもリーズナブルだ。

 通話距離は100km/h走行で150mは離れても大丈夫とのこと。

 これこそ求めていたスペックだったのだが、とても気になる点が2つあった。

 一つ目は値段が高い。
 一つ3万円弱、2個セットで5万7千円ほどと、相当に勇気がいる金額だ。
 2つ目が、メーカーがセルラー・イタリアというイタリア製だったこと。
 
 イタリアに2回旅行した経験から言うと、ファッションや飲食には文句のつけどころがないが、電化製品は逆に文句の付けどころしかない。
 要するに、列車でもホテルでも、空調を始めとして様々な電化製品がどっかこっか壊れているケースが非常に多いのだ。
 妻の愛車は147だが、平気でVDCエラーだのABSエラーだのは表示する(突然消えたり点灯したりするから余計始末に悪い)し、開いた窓は閉まらなくなるし、まぁ色々と楽しませてくれる。

 増して、この製品はBlueToosh対応の最先端技術と言っても過言ではない。

 こんな分野でイタ公を信用しろというのは、「新興宗教の教祖を神と信じろ」か、「○○人に全財産を預けろ」に等しいくらい有り得ないことだ。

 しかし、ネットでインプレッションを検索してみると、値段が高いせいか決して数は多くないものの、殆どが絶賛に近いものばかりだった。
 一件だけ、一旦電源をOFFにすると、毎回、再設定しなければならなくて、使用時間もカタログより遥かに短いというのがあったが、これは、結果的に故障していたようだったので、正常な状態だと十分に満足出来るものらしい。

 比較に出した新興宗教(と言うより宗教全般に対してだが)や○○人は、この先一生絶対に信じることはないが、この製品は試す価値がありそうだと思い、東京出張中に妻には無断で行き付けのAUFWINDに注文してしまった。

 モノが入荷する前々日に札幌に戻ってきたので、InterPhoneを買った話をすると、最初は「ふ~ん~」っと聞いてるんだか聞いていないんだか判らないような反応だったのだが、肝心の値段の話になった途端

 5まん7せんえん!な、なに考えてんのぉ怒

 まぁ、想定の範囲内の反応ではあるのだが、取り寄せで注文してしまった以上、今更断るなんてありえない。

 こんな事もあろうかと、東京でも地道に続けてた唯一のヘソクリ500円玉貯金。
 東京と札幌分合わせると5万円ちょっとあったので、「こ、これなら文句あるめぇ~」と捨て台詞を吐きながら、500円玉100枚ちょうど、5万円を妻に渡した。
 私が少々得意気な顔をしていたのが彼女の悋気に触れたのだろうか、少々むくれた顔で、「そんな貯金しているから、いつもお金無いって小遣い持って行くんじゃないの。結局はそれもうちのお金でしょ。」

 そ、そんなこと言ったって、微々たるものとは言え、給料全額握られている立場の私に、お金を得る手段は小遣いを貰うしかないのですが・・・

 まぁ、紆余曲折はあったものの、500円×100枚パンチはそれなりに有効打だったらしく、買うこと自体は認めてもらったので、6月2日にお店に取りに行ってきた。

 ちなみに、岡部店長は私が注文する以前から、この商品を知っていて興味はあったようなのだが、やはり値段の高さがネックだと思っていたようだ。

 さて、買ってきたInterPhone。早速取り付けてみよう。
InterPhone2
絵的にはこうやって取り付けるらしい。

 マニュアルには左右どちらでも取り付けOKと書いてあったが、挿絵には左側に取り付けている例しか載ってなかったので、ここは素直に左側に取り付けることにした。
 メットに取り付けるには2つの方法があり、一つは両面テープが張ってあるベースを使うのと、もう一つは挟み込むタイプのベースを用いる方法だ。

 両面テープの方がすっきりするかなとも思ったが、近々買いたいと思っているメットがあったので、後から簡単に外せる挟み込みタイプのマウントを付けてみることにした。

 家内と私のメットでは、ジェットとフルフェイスの違いがあるのだが、ジエットには付属のスペーサーを噛ませ、フルフェイスにはノーマルの状態で難なく取り付けすることが出来た。
 マウントを固定するのにプラスドライバーを使うのだが、付属品にドライバーが入っているのはとても親切に感じた。

これが取り付け完了の図
取り付け図

 BlueTooshは相互の機器をリンクさせる作業が必要なのだが、本機は動作状況を示すものが、赤or青に光るLEDが一つあるだけなので、その光具合を確認しながら進めていくことになる。

 詳しくは書かないが、まず一台をセットアップして待ち状態にしてから、もう一台の作業を進めていき、ボタンの押している長さを調整しながら、一回でもリンクさせれればOKという具合だ。

 こう書くとちょっと面倒に思うかもしれないが、実際にやり方が判れば簡単なものだ。
 最初は日本語の翻訳が少々怪しいマニュアルを読みつつだったので何回か設定に失敗したが、失敗したら最初から何回でもやり直せるので安心だ。
 実は、日本の輸入代理店が付けている別刷りのマニュアルがあった。こちらの方を読めばより簡単だったかも知れない。
 どうやら、多言語が載っている厚手のマニュアルは本国で日本語化しているらしい。そう考えると、この製品が日本をターゲットにしていることがよく判る。

 さて、取り付けも終わったので家内を呼び、家の中でちょっと試してみることにした。
 気になる点と言えば以前のものよりスピーカーが厚目だったことだ。
 妻のジェットでは何の問題もなかったが、フルフェイスの方は形状的に耳の部分がタイト気味だったので、少々気にはなったが違和感はあるものの痛くて使えないということは無かった。

 通信自体は、電話並みの全二重というのは売り文句通りでよい感じだ。
 しかし、止まっているときは、トランシーバーでも悪くは無かった。
 評価を下すのは、ツーリングが終わってからだ。

 翌日のツーリングは、因縁の地、小樽。

 最初から通信状態にして走り始める。

 60km/h程度では何の問題もない。
 ミラーに小さくなる程度離れても(恐らく7~80mくらいか)全く問題ない。
 携帯電話同様のクリアな全二重で話せる。

 それではと、高速にのった?くらいの気持ちで「ぬわわkm/h」以上出してみたが、これでも全く問題ない。

 帰り道、ミラーから消えてしまうくらいに離れて見たら、(恐らく、4~500m以上か?)声は一応聞こえるものの、ブチブチ切れて何を言っているか判らなくなる。
 実効性能としては、見通し距離で300mは楽にクリアできる性能だ。
 もちろん、カタログスペックの150mは何の問題もない。
 感覚的に言えば、バックミラーで見える距離であれば、クリアに通信することが出来る感じだ。
 (ちなみに、英文マニュアルには500mは届くと書かれてあった。恐らく、日本の代理店が条件の悪い都市部での実測値などに距離を変更したのだろう。まぁ、結果的に偽りなしということだ。)

 ツーリングの最中、車を何台か挟んで走るケースもあったが、このような見通しが利かない状態でも車数台の距離であればこれも全く問題無い。
 残念ながら、こういった見通せない状況での到達距離は計測できなかったが(と言うより、これの計測は難しい)、実用上何の問題も無いだろう。

 価格が高い分、期待もそれなりに大きかったが、はっきり言って、これは期待以上の製品だったと断言できる。

 えくせれんとぉ!

 妻でさえ、これまでの暴言はころっと忘れて「これは良いお買い物だったね」だ。

 この製品は通信規格の特性上、現状では2台までしか通話できないが、これがブレークすれば、例えば、HUB的な役割を果たす装置(個々の端末はこのHUBと一対一でリンクするが、このHUBが音声を全端末に中継するなどすれば、HUBの許容端末数まで同時通話出来ることになる)も開発されるだろうし、そうなればマスツーリングにも使えるようになるだろう。

 少なくとも、2台の通話で良いのなら、先のトランシーバーとは比較にならないというか、比較すること自体が愚かだという位、圧倒的な差があった。

 そう考えると、最大のネックは、やはり価格の高さか。

 岡部店長と話をしたが、1台当たり2万を切ればもっと普及するのではとのことだった。

 確かにそう思う。ところが、なんと、その方法を偶然見つけてしまった。

 私はもう買ってしまったので更に買い足すつもりはないが、もし上手く行けば一台当たり1万8千円くらいで手に入るのではないだろうか?

 岡部店長。この間お伝えした件ですが是非試して見ません?
 保障は出来ませんが(笑)。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



カテゴリ: InterPhone
tb: 0 |  cm: 5
go page top

 

浮気の代償 ~関東ショップ巡り その1~

2007.06.08/Fri/19:13:35

 諸般の事情でNeroCorsaは諦め、女房の147を借りて持っていくことにはしたものの、車すら休みの日にしか乗れないくせに、無ければ余計欲しくなるのが人の常。

 とは言え、休みの日だって、慣れない洗濯や買い物等々、色々と雑用が絶えなく入っていたのだが、久々に今日は何にもないなぁと思った5月晴れの日曜日、バイク屋周りをしようと思い立った。

 そうなれば当然、行く店は愛車ネロ・コルサの育ての親モト・ラボロが一店目と考えたのだが、実は興味深々のバイクが他に出来てしまったのだ。

 MotoGuzzi V11 LeMans NeroCorsa (いつも思うが長い正式名称だなぁ)
 こいつは、本当に良いバイクだと思う。
 ほんとうに、どこまでも走って行きたくなる。
 8年前に大二取ってリターンしてからマルチ3台乗り継いだが、コイツのおかげでビックツインの良さ・楽しさが初めて判った。
 ずっと乗り続けたい一台だと真に思う。

 では、不満が全くないかと言えば、決してそんなことはない。

 それは、「サーキットを楽しめるバイクじゃない。」ということ。
 これは、公道ツーリングの楽しさと引き換えにしているとも言える訳で、無いものねだり的不満ではあるのだが。

 もちろん、バートのじじいのようにNeroCorsaも原型を留めないくらいに弄繰り回せば、Over300kmのサーキットマシンにも、10秒切るドラッグマシンにも出来るのかもしれないが、自分には、そんな根性も無ければ金も無い、もちろん技術なんてあるわけ無い。

 まぁ、例えそれらが全て揃っていたとしても、NeroCorsaをそんな風にすることに一片の意味すら見出せないので、やりたいとすら思わないのだが。

 さて話は戻るが、一度でもサーキットをスポーツ走行した経験があれば、単に峠を攻めるのとは全く次元の違う楽しさがそこにあることは理解してもらえるはずだ。

 リッターSSでも楽しめるサーキットと言うと、北海道には残念ながら十勝インターナショナルスピードウェイしかないが、改めて関東圏を考えると、ちょっと足を伸ばせば、筑波だの富士だの色々沢山あるじゃないか。

 ネロコルサのお陰でツインに目覚めた今は、ツインでサーキット遊びが出来るマシンが非常に気になる。

 「子曰、四十而不惑」

 孔子曰く、40歳を超えたら迷ってはいけない、行くときは行け!(意味間違ってる?)

 外車好き、ツイン好きが選ぶリッターSSと言えば、そう、これしかない。

RSV1000R Factry

 アプリリア RSV1000R ファクトリー

 ドカを期待した人ごめんなさい。外車好き、ツイン好きより、マイナー好きなんですわ。

 アプリリアというメーカー。
 何と言っても愛車モトグッチの親会社、血縁関係もバッチリ。

 モトグッチがアプリリアに買収された後、そのアプリリアもピアジオに買収されるという境遇も一緒。

 スーパースポーツなのにエンジンは他者任せ(ロータックス社製60度Vツイン)という清清しいほどの割り切りぶり。

 ホンダVTR1000SP-2にクリソツな没個性。
 (思えば、SP-2も年間何台売れているのだ? 絶版殿堂入りも近いか・・・)

 妻に言わせれば、「そこって、子供用の何かも作っているよね。」
 そりゃ、アップリカ(Aprica)だ。
 確かに、アプリリア(Aprilia)と綴りは似ているが、妻だって大二乗り回すライダーの端くれだ。
 女とは言え、ライダーにさえ知られていない知名度に心が震える。

 しっかあぁぁぁぁぁぁしぃーーーー、悪いことばかりではなぁーーーい!。

 車もバイクも完成車メーカーとは、所詮、広告屋兼組み立て屋だと思っているのだが、バイクはどんなパーツが採用されているかが一目瞭然な分、どれくらいのコストを掛けて作られているか、要するにどれだけ真面目に取り組んだかが判り易い。

 RSV1000R ファクトリーが採用しているパーツは、本当にお高いモノが満載。
 フロント、リアのサスにはお約束のオーリンズ、ブレーキはラジアルマウントのブレンボだ。
、ドライカーボン外装も、前後フェンダーは勿論、至る所の軽量化に採用されている。
 ホイールは、OZの鍛造(アルミだけど)が奢られている。

 それに、現代モトグッチが誇る唯一の戦闘機MGS-01と同じトップブリッジときたもんだ。

 市販車のパーツがレーサー専用マシンに使われるなんてそうざらには無い話だ。

 まぁ、パーツだけ幾ら良くたって、トータルバランスが悪けりゃ何にもならないが、なんとこのファクトリーは、昨年のマスターバイク2006で並み居る国産SSやドカなどを退け、見事に優勝マシンとなるなど、マシンの評価はすこぶる高い。

 人気の有り無しは別として、モノの出来不出来だけみればドカのSSにだって勝るとも劣らない。

 もちろん、絢爛豪華なパーツ群に見合う分、定価は230万円(税込)と、こちらも999Sに匹敵するプライスが下げられているが・・・

 確かに07モデルのプライスタグはその通りだが、光あるところには影がある。

 マイナーな存在故に、今でも2年落ちの在庫車(新車)が存在している。

 注目の価格は、な、なんと、152.25万円!

 2年前、恐らくは定価近くで買ったオーナー達を、後ろからいきなり袈裟切りするような鬼の80万円引き!。

 話は少々飛躍するが、輸入バイクメーカーでメジャーと言えば、BMW、Ducati、ハーレー・ダビッドソンが御三家だろう。
 BMW、HDは日本では、国産メーカーが台頭してくる以前から知名度が高いブランドだが、Ducatiは近年急速に知名度を上げた、いわゆる近代的なブランド戦略が大成功したメーカーだ。
 KTMも最近は頑張っているようだが、御三家には未だほど遠いだろう。

 さて、ブランド構築に成功した製品を買うということはどういうことか?
 そもそも、ブランドを構築するということはどういう意味か?

 私は唯一これだと思っている。

 「同じものをより高く買わせる。」

 製品への信頼、安心感、etc・・・異論もあるとは思うが、究極は如何に高く買わせるか以外にブランドを構築する理由は無い。
 要は、本来の製品価値以上に支払わされている訳で、構築に成功した側としては、勝手な思い込みで必要以上に支払ってくれるのだから、これほどありがたいものは無いだろう。

 実際、100均で売られている口紅と、某一流メーカーが有名デパートの1階で美容部員が定価売っている口紅は全く同じだったりする。
 嘘ではない。このネタ元は、実際に口紅を作っている下請け
工場からの話だからだ。(まぁ、信じようが信じまいがどちらでも良いのだが)

 一本ウン万円もするゴルフクラブだって同じだ。
 ゴルフクラブメーカーはそれこそ無数にあるが、ドライバーのチタンヘッドを作っているのは実質3社しかない。
 今日、A社のヘッドを作っているラインで、「明日はB社100個だー」なんて感じで、他社製ヘッドを平気で作っているのだ。

 ヘッドは少なくともデザインが違うのだから、口紅ほどではないにしろ、実質的には同じ性能だったりするのに、知名度の違いで明らかな価格差が出来上がっている。

 これがブランドの真の意味なのだと思う。

 閑話休題。

 本題のRSV1000R ファクトリー

 サーキットでの期待値は十二分以上。
 サンデーレース程度なら、定価400万のドカだって五分の戦いだ(らしい)。

 不人気ここに極まれり。
 価格はまさしくバーゲンプライス。
 06&07のように、金&黒なんて、きょうびのヤクザだって選ばないようなカラーより、05のレッドライオンが一番好きなカラーだったりするし。

 また、北海道じゃ一台も走っていないような気がするくらい、レア好きごころをくすぐってくれる。

 加えて、昨今のSSを持ったことがあるなら判ると思うが、あのアップマフラー、マジでケツが熱くなる。
 それでなくてもフルカウル車は、夏は足元からの熱風でやられるってのに。
 ファクトリーは、マフラーが下にある分、シート下の小物入れが、薄そうに見えながら実用的なサイズがちゃんと確保されているのも、結構重要な評価ポイントだ。

 それより何より・・・

 同じバイクを駆るワークスライダー Samuela De Nardiはーと
samuela


 もう、決まりだ。
 ・・・・その2に続く。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: 単車
tb: 1 |  cm: 0
go page top