FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

World Time

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

日々想うコト

趣味(単車、旅etc・・・)、仕事、時事等々、独り言をつらつらと書き留めておきますか。

仮想CD-R出来ました - もう楽曲変換にCD-Rは要らない -

2009.02.18/Wed/19:46:23

 最近、iTune、Mora、OnGenなど、楽曲ダウンロードサイトがとても充実している。

 もちろん、古い曲などで無い場合も多々あるが、それにしても、凄い数の曲がダウンロード購入できる。
 iTuneはiPodの連携第一なので基本的には除外。
以前は携帯電話を、今はTRANSCEND社のMP3200をプレーヤー使っている私は、残りの2つのサイトをメインに楽曲を購入している。
TRANSCEND MP320
Transcend 8GB T.sonic 320 TS8GMP320

 但し、Moraの配信フォーマットはATRAC3と事実上ソニー製品だけにしか対応していない腐れフォーマットだし、OnGenもWMAとMoraよりはマシではあるが扱い難いことには変わりない。

 ソニーのように、独自フォーマットで顧客を囲い込むつもりが、iPodに市場を根こそぎ奪われてしまった結果、その特殊フォーマットが仇となって逆に選ばれない要因になってしまった馬鹿なメーカーは論外(実際、北米ではATRAC3からは撤退したとの事、何故か日本では継続しているが・・・)としても、より一般的なWMAを採用する理由は判らなくも無い。

 その最たる理由の一つである著作権保護の重要性は良く判るのだが、携帯プレーヤーの全てがこれらのフォーマットを再生できる訳ではないし、曲の転送に、正直言って使い勝手の悪いWindows Media Player(WMP)を使わなければならないのも凄いストレスになる。

 やはり、使い勝手の良いMP3フォーマットにしたいのだが、一般的な方法では、DRM付きWMAから直接MP3に変換することで出来ず、WMPなどを使って一旦物理的にCD-Rに焼いてからでないとMP3にすることは出来ない。

 この作業、焼いたCD-Rを再度読みこんでMP3にする訳だから、はっきり言って馬鹿馬鹿しい以外の何物でもない。

 もちろん、CD-RWでも可能ではあるのだが、正規に代金を支払って楽曲を手にしている者が何故心無き者達に対する対策の為に、この様な不便を享受しなければならないのか、正直納得出来ない気持ちで一杯だった。


 そこで、色々調べたところ、やっぱりありました。

 仮想CD-R化ソフト。
・DVDneXtCOPY http://www.dvdnextcopyiturns.com/
iTurns_FREE_box_left.jpg

 これには、FREE版と有償版があるが、違いは取り込んだ楽曲のタグ情報が反映されるか否かの違いだけのようだ。
 タグ情報の反映が不要ならFREE版で十分だろう。

 サイト名にもあるとおり、元々はiTune用に開発したようだが、仕組み的にはどんなプレーヤーでもOK。
 もちろん、WMPでも使える。
 使い方はいたって簡単。

 WMPの場合、書き込みにてCD-Rを指定する際に、DVDneXtCOPYが作成した仮想のCD装置を選択するだけ。
 後は、設定したビットレートでWAVを通さずに自動的にMP3ファイルが作成される。

 このやり方について、著作権関連を色々調べてみたが、この方法は違法にDRMを解除する訳ではないので、関連法律に抵触することはないとの事らしい。

 ちなみに、仮想CDデバイスとしては、B's Recorder GOLD9や、Virtual CloneDriveも使っているが共存させても全く問題無かった。

 もちろん、出来上がったMP3ファイルをP2Pで配るのは言うまでもなく違法です。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



カテゴリ: その他
tb: 0 |  cm: 2
go page top