FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

World Time

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

日々想うコト

趣味(単車、旅etc・・・)、仕事、時事等々、独り言をつらつらと書き留めておきますか。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

衆議院解散

2009.07.21/Tue/15:07:46

別にバイクネタにこだわってブロっている訳ではないのだが、NeroCorsaが入院中で乗れない日々が続くと、更新しようという気持ちが萎え萎えになってしまう。

これじゃ駄目だということで、久々に政治ネタでも書いてみたい。

「遂に」というか「ようやく」というか、本日21日、衆議院が解散した。

ほぼ任期満了と言って良い時期の解散なので、小泉劇場とか郵政選挙とか呼ばれた前回選挙から丸4年の月日が経ったことになる。

感覚的には、「2、3年経った?」という程度なので、あれから4年も経ったのかと思うと、歳を取ると月日が流れるのがなんと早いものかと感じてしまう。

今回も国民の義務として、投票には行くつもりだが、珍しく誰に?どの党に?入れるか迷っている。

これからマニフェストとか呼ばれる選挙公約が各党から出揃うので、それを見て判断するというのも「有り」だとは思うが、個人的にはこのマニフェストといわれるものは、どの立場の人々にも受け入れられやすい八方美人的なものと考えているので、あまり重要視していない。

では、何を基準に投票したらよいのだろう・・・

公明、共産、社民、国民、大地などは、それぞれ個々の政策について共感できるものが全く無い訳ではないが、今回の政権選択のような選挙においては、私は批判票=死に票と考えるので、最初から選択外だ。

となると、自民党か民主党のどちらかということになるが・・・

敗戦後の焼け野原から、自民党が中心となって築き上げてきたこの国は、様々な問題はあったにせよ、基本的には平和であり、経済的に豊かになったのは事実だ。

未曾有の不景気といわれる今日、派遣切り、失業率の上昇、有効求人倍率が過去最低に等々、明日をも知れない人々が溢れかえっているかのごとくマスコミはセンシティブに騒ぎ立てるが、実際は、多少の給与ダウン、ボーナスカットなどはありつつも、大多数の国民が明日の衣食住の心配をすることなく生活できているのではないか。
これは、これまでの国家運営としては及第点は与えられるのではないかと思う。

とは言え、正規雇用率の低下、少子化、年金など、将来に対する不安が山積しているのも事実。

という訳で、総合的に考えて、日本はこれまでの延長線上で進むのが最良と思えば自民党。

実績が無いのは不安ではあるが、他国のようにニ大政党制になった方が、政党同士が互いに切磋琢磨することになり、結果的にこの国に良い結果をもたらすと思えば民主党。

こんなところだろうか。
さぁ、どちらに入れようかな・・・

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ: 時事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ヘルメット選び

2009.07.10/Fri/17:40:44

MotoGuzziは先日の転倒で暫く入院中だが、家にはもう1台、妻のバイクがある。

V11と比べると、排気量が750ccと小さい分、パワー感には少々乏しいのだが、軽量な車体と楽なポジションで、これはこれでとても楽しいバイクだ。
DUCATI M750
Ducati Monster 750 Dark

妻はツーリング以外には滅多に乗らないので、修理が上がってくるまでの間はこのバイクを乗らせて
もらうように妻にお願いしてみよう。

さて、ライディングギアだが、ウェアやパンツ、グローブなどは、この間の転倒で一揃え潰してしまったものの、他にも持っているので当面は問題無い。

一番の問題はヘルメット。
先日の転倒で潰した一個しか持っていなかったので、今は手持ちが無い状態だ。
妻とは頭のサイズが近いので、妻が使っているジェッペルに入らないこともないのだが、個人的にはフルフェイスが好みなので、新たに一個新調しよう。

さて、問題は何にするかだ。
元々、想定外の出費なので、あまり高額なのは手が出ない。
ネットで3万~3.5万くらいが精一杯の予算かな。

先日まで使っていたのが、SHOEIのZ-CRUZ2のグラフィックタイプだ。
このモデルは、単色タイプとこのグラフィックタイプの2個も買い続けたくらい好みであったが、数年前に廃番となってしまい、後継はZシリーズ(Z-4,Z-5,Z-6)に統合されてしまった。
Z-CRUZ2

これまでは、ずっとSHOEIだったので、ARAIのヘルメット、特にPROFILEに興味があるのだが、シールド交換が面倒という意見がネット上で多く見られるのと、デザイン、カラーなどの外観がイマイチ好みではないこともあって今一歩踏み切れない。
PROFILE
  ARAI PROFILE

SHOEIで興味があるのは、Z-5 VOYAGER、X-9 FAB、Z-6シリーズの3種類だ。

Z-5 VOYAGERはデザインが好みなのと、このタイプに合うチタンコーティング1枚、ソフトスモーク2枚のCX-1シールドを持っているので、無駄にするのは勿体無いかなと思うからだ。
ただ、Z-5自体は一世代前のヘルメットなので、敢えて今選ばなくても良いかなとも感じている。
Z-5 VOYAGER
  Z-5 VOYAGER

X-9 FABはデザインが一番好みだ。
ただ、ネットでは少々重いという評価もあるので、これまで軽量だったZシリーズを使っていた私にとってどうだろうという心配もある。
また、X-9で採用されているCX-1Vシールドが、手持ちのシールドが使えない上に、且つ、SHOEIの最新がCW-1シールドに移行し、視界、曇り対策などは、明らかにこちらの方が良さそうなので、自分にとっては中途半端な感があるのだ。
X-9 FAB
    X-9 FAB

Z-6はSHOEI最新鋭のヘルメットでネットの評価も高い。
カラーは単色では珍しいオレンジが良さそうだし、グラフィックモデルもCAMINOも好みだ。
シールドはCW-1シールドになり、視界が広がり、ピンロックシステムによって曇り対策も向上している。
スペック面では、最新なだけあって、このZ-6が一番優れているように思われる。
価格面においても、Z-6の単色モデルが一番安価なので、これが今のところの第一候補だろうか。
Z-6   Z-6 CAMINO
Z-6 ルミナスオレンジ        Z-6 CAMINO

とは言え、ヘルメットは被ってナンボの実用品なので、予算の範囲内で、被り心地の良し悪しを最優先に考えよう。

それでは、近くのバイクショップにフィッティングに出かけるとしますか。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: 単車
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

本当に情けない

2009.07.05/Sun/22:31:37

昨日の日曜日は午前中に用事を色々と済ませて、夕方からひとっ走りしようと厚田に向かった。

ライダー達がたむろする「夕日の見える丘公園」で一休み。

帰りは、国道231号線から、道道11号線に入り青山の峠道を楽しんでグーテファートに拠る予定でいたのだが・・・

心地よいペースで走っていると、車を一台挟んで、後ろから白いっぽいバイクが追いかけて来たのがミラーに移った。
だが、グッチは振動が大きいので車種まではわからない。

もしかしたら、白バイ???

「ヤバいか?」と思いつつ、エンブレ中心に減速をすると、白バイと思われたそのバイクは、凄い勢いで追い越していった。

新型の隼だった。

197psに91psが敵う訳もないが、何処まで付いていけるかな?
これが誤りの元だった・・・

隼は快調に飛ばしていくが、何とか喰らいついていくNeroCorsa。

楽しい時間が過ぎてゆく・・・

10分ほども走っただろうか、隼は左折し、楽しい時間は終わりとなった。

一人走りに戻り、ペースを戻す。

また、数分経ったころ、今度はGPZ900R NINJAが追い抜いていった。

再び楽しい時間が始まった。

ところが今度は、快調に飛ばすNINJAに中々追いつくことが出来ない。

新型の隼には付いて行けたのに、あんな旧車に追いつけない自分に苛立ちが募る。

高速の左コーナー、Rが小さく感じたので強めにブレーキングするが、実際は見た目より大きく、NINJAとの差は一段と広がってしまう。

次の右コーナー、NINJAが強めの減速。
進入で差を縮めようとレイトブレーキング気味に突っ込んだのだが・・・



やってしまいました。



この右コーナー、入り口は緩やかに見えるが、奥に入ると直角に近いRに変わる。
ブレーキングが間に合わず、フロントからのスリップダウン。
本人は道路を転がり、NeroCorsaは段差のある歩道でジャンプし路外の水田へ・・・

思えば、隼は決して無理をせず抑えていただけかもしれないのに、互角について行けたと勘違いし、NINJAに付いて行くなんて楽勝と、何の根拠の無い驕りを持ってしまった。

公道レベルなら、速く走らせるのも、遅く走らせるのもバイクの性能じゃなく人の技量。
元々、才能も無く、培ってきた技量も無いのは己が一番承知しているのに、予期せず引き離されて頭に血が上った挙句の自爆・・・

余りに愚かで、本当に全てが情けない。

数分後に通りがかった見ず知らずのユニック車に、水田から歩道まで引き上げて貰ったのに、ショックで呆然としていて名前すら聞くことを出来ず、お礼を言うのが精一杯だった。情けない。
ほんとうにありがとうございました。

水田に突っ込んだNeroCorsa、数十本の苗をなぎ倒していた。
事故から10分ほど経って戻られた農家のご主人にお詫びをする。
水田のことなど全く気にせず、私の体のことを心配してくれた。
奥様は、あとから来た引揚車への積み込みも協力してくれた。
ほんとうにありがとうございました。

トランポが到着するまでの間。
歩道に置かれた無残なV11を見て、1台のオートバイ、2台の車の方が止まってくれて、お声を掛けてくれた。
ほんとうにありがとうございました。

バイクの損傷は、事故処理に来て頂いた警察の方の見立てでは全損と言われたが、引き揚げをお願いしたグーテファートの平地工場長の見立てでは、修理は十分に可能とのことなので、一応直すことを前提にお願いした。

体の方は、上下ともにライディングスーツを着ていたお陰で、数箇所の擦り傷と、胸部の打撲程度で済んだようだが、近くには電柱もあったし、段差の高い歩道もあった。
たまたま、その時は対向車は無かったが、対向車があったらどうだったか。

警察や保険屋など必要なところに連絡を取り、トランポを待っている間、少し冷静になって現場を良く見てみたが、この程度の傷で済んだのは最良の結果に近い。
ちょっとずれて電柱に当たったり、歩道への当たり方が悪かったり、転倒の仕方が悪くてバイクの下敷きになった可能性だってある。

唯一の救いは、SHOEIのフルフェイスヘルメットを被り、ダイネーゼのパッド入り本皮ジャケット、同社のグローブ、布製ではあるが膝と腰にパッドが入っているライディング専用パンツ、ロングタイプの本皮ブーツと、比較的近場へのチョイ乗りだったのに、フル装備に近い形で走っていたこと。
これらの装備全てが、私の身体を守るという役目を立派に果たし、その製品寿命を終えた。
そのお陰で、これだけの軽傷で済んだのだと思う。

グーテファートの平地工場長曰く、「良い製品が良い製品であったことを証明することが出来た時、それは、その製品の寿命が尽きた時というのはちょっと悲しいね。」
これらの私の身体を守ってくれた全てに対して、本当にありがとうと心から思った。

死んでしまったり、大怪我をしてしまうと、仕事や家庭、様々な方々に多大な迷惑をかけてしまう。
趣味のバイクだからこそ、事故を起してはいけない。
そう常々人には言ってきたのに、自分自身が実践出来なかった。情けない。

今回はただただ運が良かっただけだ。
それを絶対忘れてはいけない・・・

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: 単車
テーマ: バイク
ジャンル: 車・バイク
tb: 0 |  cm: 8
go page top

 

トーヨー産業HP

2009.07.05/Sun/08:54:01

Cellular Line社(InterPhone & InterPhone F4)の日本総代理店のトーヨー産業さんのHPにて、InterPhoneシリーズの製品紹介が始まりました。

トーヨー産業さんのHPはこちら

以前のブログでお知らせした通り、F4ではスタンダード社のFTM-10シリーズ、VX-8と接続できない件については、残念ながら本日(7/4)現在、解消されていないようです。

また、バージョンアップによる対応もなされていないようなので、これらの無線機器との接続を検討されている方は、同社のHPをこまめにチェックされると良いと思います。

私もFTM-10Sの購入を検討している一人ですので、問題が解消されたらこのブログで改めてご紹介させて頂きますね。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: InterPhone
テーマ: バイク
ジャンル: 車・バイク
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

油温計

2009.07.03/Fri/13:18:35

最近、Mixiを通して知り合いになったV11乗りの方から、油温計の取付写真が見たいというリクエストがあったので、今、パソコンにあった写真をアップします。
油温計

ちょっと判りにくいかもしれませんが、メーターの左側にデイトナの油温計が見えるかと思います。

写真では面一に見えなくも無いですが、実際はハーフカウルのアッパーカバーに、マウントをネジ止めして、耐候性の高い両面テープで固定しています。

V11のLeMansはハーフカウルなので、このような取付が可能ですが、ビギニカウルのコッパイタリアにはアッパーカバーはありませんから、一工夫必要ですね。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: 単車
テーマ: バイク
ジャンル: 車・バイク
tb: 0 |  cm: 1
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。