FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

World Time

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

日々想うコト

趣味(単車、旅etc・・・)、仕事、時事等々、独り言をつらつらと書き留めておきますか。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

管は地雷を踏んだか?

2010.09.30/Thu/15:13:18

管総理は9月30日の衆院予算委員会において、自民党の小野寺五典議員の質問に対し、「捜査への介入があったかといわれればそれは一切ない」と答弁し、また仙石官房長官も同様の発言をしたとのこと。

基本的に政治家というものは、言質を取られるような発言は出来るだけ避ける。
要は、受け取り側次第で、いかようにも受け取れる言葉を選ぶ習性が身に付いている。

だが、今回は個々の事実関係の有無についてはっきりと言い切った。

これは明らかな地雷だろう。

以前、前原外相が偽メール問題で、真実と言い切り代表を降りざるを得ない一件があった。
今回も、それと同じような臭いを感じる。

管は何事も人任せ・無関心な人物であるのは明らかなので、今回の一件も、検察への圧力は弁護士上がりの仙石が全て絵を描き、事後報告的な形で訪米中の管に連絡が入ったのであろう。

が、例え事後承認であったにせよ、首相が予算委員会の答弁で明確に政治介入を否定したのだから、もし発言と異なる事実が明らかになれば、仙石の更迭程度で済む話ではなく、首相自身の進退を問われることになるだろう。

いつ、どんな形で、消極の指示があった事実がリークされるのか?

それがとても楽しみだ。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログへ
 にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ: 時事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

意味がわからん

2010.09.24/Fri/20:47:38

本日、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海内で、海保巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は公務執行妨害の疑いで逮捕、送検された漁船の船長、セン其雄容疑者(41)を処分保留のまま釈放すると発表した。

もちろん、嫌疑不十分での釈放ということなら何の文句も無い。

しかし、報道を見る限り、「故意に衝突させたのは明白で危険な行為」と検察自身が会見で言っているのだから、嫌疑は十分にあるということだろう。
では何故、起訴されずに処分保留のまま釈放なのか?

理由その1:「とっさにとった行為で計画性はない。我が国での前科もない」
計画性が無くて、前科が無ければ、明白な犯罪でも処分保留のまま釈放ですか?
自国民でこれに該当して釈放された人っているんですか?
捏造してまで罪に問おうとする組織なのに。

理由その2:「捜査を継続した場合の我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、捜査継続は相当ではないと判断した」
えっ、検察って、外交に関して何らかの考慮が必要な組織なんですか?
法と正義に従って、粛々と与えられた職責を果たすのが使命なんじゃないですか?

検察庁が考える事柄かどうかは別として、隣国との関係を正しく保っていくのに対して異論は無い。
しかし、今回の結果は、本当にこれで良いのか?
ちょっと脅せば、法を曲げても言うことを聞くと国と思われても構わないのが独立国家間の正しい関係なのか?

まず、元々尖閣諸島とは、古くから日本のみが領有を主張し、世界の何処からも異論がなかった地だ。
しかし、1970年代に入り、技術の進歩によって、この海域の海底に資源が眠っている可能性があると判ってから、突然、領有を主張し始めたのが中国・台湾だ。
どちらの言い分が正しいかなんて、議論の余地すら皆無だろう。

だからこそ、日本の公式見解としては、この地に領土問題は存在しないと言っているのだ。
しかし、閣僚の一人、蓮舫大臣だけが「領土問題・・・」などと発言したので、何を勘違いしているのかと思っていたが、思えば彼女は元台湾人だ。
この発言も中華同胞から見れば「ナイスアシスト!」って喝采の発言だろう。
本当に中国人のナショナリティって奴は、例え帰化(国籍選択)してその国の国務大臣になったとしても変わらないということを痛感させられる。

それにしても、ヤクザの言いがかりよりも酷いこじつけに対して、この体たらくなのだから、韓国は竹島問題では何一つ日本の言い分なんて聞く必要もなく、このまま軍隊駐留で自国領土確定となるだろうし、ロシアにしても、北方領土は交渉のテーブルに着く必要すら無いと確信するに違いない。

そもそも、隣国ロシアは日本漁船が同じことをすれば、平気で銃撃すら食らわしてくる。
ロシアのコースとガードに体当たりとなれば、100%撃沈必至だろう。
北方領土は、日本・ロシア双方が領土問題が存在していることを公式に認めている地域で、現在、ロシアが実効支配しているに過ぎない。

領土としての正当性という意味においては、どう考えても、ロシアにとっての北方領土より、日本に取っての尖閣諸島の方が遥かに高い。
それなのに、日本が侵犯される側のときには、何一つ罪に問うことすら無く、日本が領有権を主張する北方領土の場合は船舶を没収され、罰金まで科せられ、銃撃さえされても国として何一つ文句を言わない。

その後の報道を見るに、政府は「指揮権行使の事実はない」と言いながらも、那覇地検の公式会見前に仙石や訪米中の管は認識していたのが明らかになってきた。
この一点だけ見ても、「指揮権発動」と言った明確な指示は無いしろ、明らかに政府首脳の意向が働いているのは明白だ。
大体、どう考えても、地検の一検事が独断できるような事案ではない。

譲る必要がなく、否、譲ってはいけない局面で、法治国家を標榜する我が国において、その法を曲げてまでも相手の顔色を伺うことしか出来ないこの国。
一方で、領有権を主張している地域ながら、自国の漁船が銃撃されても文句一つ言えない国

これが外交というものなのか?
これはダブルスタンダードじゃないのか?

先日の代表選挙で圧勝した我が総理は、官僚に対して「私が総理として何をしたいかではなく、総理の私に何をさせたいかを考えるのが君たちの仕事だ!」と言い切っただけあって、官僚の方針=政府の方針である現政府においては、今回の一件に対して、国益よりも省益を重んじる事なかれ主義の官僚達がどのように幕を引こうとするかは正直、予想はついたのだが、それにしても本当に虚しく感じるのは私だけではあるまい。


管さん!
いっそのこと、日本なって国名を止めて、「ポチ」って国名にしたら良いと思いませんか?
それだけで一切の広報活動無しに、世界の全ての国にもわが国の外交姿勢の真髄を理解してもらえると思いますよ。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログへ
 にほんブログ村
カテゴリ: 時事
tb: 0 |  cm: 3
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。