FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

World Time

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

日々想うコト

趣味(単車、旅etc・・・)、仕事、時事等々、独り言をつらつらと書き留めておきますか。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

なんてこったい!

2006.11.20/Mon/00:27:03

 今週は3日間の展示会対応で東京出張。立ちっぱなしのハードウィークだった。
 展示会は金曜日で終わり、最終便で札幌に戻ってきた。

 疲れは相当溜まっているが、バイクに乗るのが楽しみで仕方が無い。
 今日の天気予報は午後から雪だそうだが、空を見ると外れっぽい。

 ということで、車庫からバイクを出した。
 先週の青山から戻ってきた後に洗車しているので愛機のコンディションは抜群だ。

 体調的に遠出は辛そうなので、リアサスのプリロード設定の仕方を教えて貰うため、真っ直ぐアウフヴィントに行こうかと考えたが、もう少し後でも良いだろう。

 そう言えば、常連さんから、オートランド札幌で、型落ちのウィンターツナギを処分値で買ったがとても良かったという話を聞いて、久々に行ってみることにした。

 家を出て、東8丁目通りを南下し、札幌新道経由で、厚別店に向かった。

 相変わらず新道は混んでいるが、信号で先頭に出つつ快調なペースで飛ばす。
 30分少々で到着し、店舗前にあるバイク専用駐車場に停めた。

 車での来客はいそうだが、バイクは一台も停まってない。まぁ、こんな季節に乗っているのはいかれた奴らだけだ。仕方がない。

 苦笑しつつ、ヒーターベストのプラグを抜き、バイクを降りて愕然とした。

 そこにあるべきトップケースが無い。
kappa

 出かけに財布などを入れたから置いてきたということは絶対ない。何処かで落としたのだ。

 「なんてこったい」

 取りあえず、急いで来た道を戻る。

 しかし、札幌新道は対向車線が、高速道の橋桁を挟んでいるので、反対側の車線が殆ど見えない。 向こうの歩道を走ろうかなどと色々と考えたが、まずは何処かで事故とかになっていないかどうかが重要だ。

 パトカーや救急車などの緊急車両がいたら直ぐ判るだろう。

 取りあえず、緊急車両の有り無しを確認しながら自宅まで急いで戻った。

 幸い、緊急車両が出動しているような兆候は無く、自宅の直ぐそばまで来た。

 「恐らくはロックが不十分だったのだろう。と言うことは、出発して直ぐに落としたのかな」と多少の期待を持ちつつ家に到着したが、世の中、そうは甘くない。
 家の側にトップケースは落ちていなかった。

 気を取り直して、再度、同じ道を戻り始める。

 粉々になって中身が飛散しているのではないか。
 これ幸いに誰かが持って行ったりしてないだろうか。
 戻るときには気がつかなかったが、やはり事故になっているのではないだろうか。

 悪いことばかりが頭に浮かぶ。

 他の車の邪魔にならない程度に速度を抑え、あらゆるところに目線を這わせる。

 東8丁目通りに入った。1km程も南下しただろうか。
 道路脇にある美容室の店先に見覚えのあるトップケースが置かれていた。








カッパ発見
カッパ道路
カッパ傷
発見東8丁目通り付いた傷


 急停車して、路地にバイクを入れる。

 相当キズが入っているが間違いない。鍵をジャケットから出して開けてみたが、中身に問題はなさそうだ。

 何か問題があったかも知れないと思い、美容室のドアを開けて中にいた2人の美容師さんに状況を説明し、店先にトップケースが置かれていた経緯を訪ねたが、どちらも全く気付かなかったという。

 トップケースのキズは仕方ないが、台座へのロック機構が落下の際に壊れてしまったのか、元々壊れ掛かっていたのか判らないが、奥までボタンを押し込めず台座に取り付けることが出来ない。

 仕方無いので、妻に電話しトップケースを取りに来てもらうことにした。
 電話をして、大変なことが起きたと告げると、「事故ったの?」
 まぁ、最初の反応はそうだろうなと思いつつ、事情を告げると、今さっき風呂から上がったばかりで洗い髪だという。

 家からは5分ほどの距離だが、用意に30分ほど掛かりそうだと聞いて、少々憮然となったが、元は自分が蒔いた種だ仕方無い。
 それに、もしかしたら、状況を知っている誰かから声が掛けられるかも知れないと思い、店横の見えやすい位置にバイクを停めて待ってみたが、結局、妻が来るまで誰も何も言っては来なかった。
 その頃にはようやく冷静さを取り戻し、これはネタになるななどと不謹慎なことを考える。
 一応、その場の写真を撮ったりしているうちに、妻が車で到着した。

 考えてみると、これこそ不幸中の幸いだ。
 走行中にトップケースが脱落したのだ。状況によっては大事故になっても不思議では無い。
 また、トップケースには幾つかのカードが入った財布が入っていたのだ。
 持って行かれただけでも大変な損害だった。

 それが、トップケースのロックが壊れただけで済んだのだ。
 何方が美容室の横に置いてくれたのか判らないが本当にありがたい。

 妻にトップケースを預けた後、再度、オートランド札幌に行こうかとも考えたが、何だかどっと疲れたので、止めてアウフヴィントに行くことにする。
 元々リアサスのプリロード設定で確認したいこともあったのだ。

 店に入り、この話をすると一様に驚かれたが、やはり何人かの方が、トップやサイドのケースで同様の経験をしているらしい。

 今後は出る前に必ずロック状態を確認するようにしよう。

 さて、トップケース自体は、取り付けロックが壊れてしまったのと、キズだらけになってしまったので、新たに購入することに決めた。

 何処の商品が良いかを相談すると、社長からは、純正キャリアに装着することを考えると、今まで使っていたKappaかGiviがお勧めだという。
 特に、Kappaはプレートはそのまま使えるので良いのではという話だ。

 後はサイズだが、色々な面からこれ以上大きいのは勧めないという。
 やはり、あの位置に空気抵抗のある重量物があるのは運動性能上好ましくないとのことだ。

 かと言え、小さいものを選んで必要なものが積めなくなるのは本末転倒なので、色々と考えたのだが、Kappaではこれまで使っていたK35が結局ベストの選択になってしまう。
 要はこの上だと42Lとなって大きすぎるし、この下だと一気に28Lと7Lも減ってしまう。

 使い勝手は悪くなかったのだが、自分のせいとは言え、落下したものと同じものを再度買うというのは、何だか釈然としないものが残るし、縁起も悪そうだ。
 それに、デザイン的にゴールドウィングやスクーターに似合うとは思うが、ネロコルサには今一歩だと思う。

 ということで、Giviのを見ると、39L、35L、33Lと欲しいあたりのラインナップが充実している。









GiviE370
GiviE350
GiviE33N
E370E350E33N


 ぱっと見は、39LのE370に惹かれたが、デザインが先鋭的でNeroCorsaには今一歩の感がある。それに価格も高めだ。
 35LのE350も悪くはないが、デザイン的にパッとしない。
 33Lは今までより多少小さくなるが、2Lは誤差の範囲だし、デザインは好みだ。
 価格も定価で35Lと比べて25%も安い。39Lからは見ると約半額だ。

 これに決定し、早速注文する。

 そうこうしているうちに、クレーム対応となっていた新品ガソリンタンクが届いた。
 保証期間中にタンクのシールが剥がれた(最初から剥がれていた?)のがその理由だ。
タンク交換

 簡単に取り替えができるというので、早速お願いすることにした。

 思うに新品タンクだ。カッティングシートとかでニーグリップのところと、股間が当たるところは保護したい。

 近くのホームセンターで1m500円で買い求め、店に帰ってきた。

 常連の皆さんから貼り方をご教授いただくが、実はこういった作業は苦手なのだ。
 苦手と言うよりも、作業自体は決して嫌いではないのだが、上手く行った試しがない。

 恐る恐る、タンクを交換してくれるメカニックの河野さんにお願いしてみると、張りモノは全て社長の領分だと言う。

 流石に躊躇したが、そんなことお構いなしに、河野さんから社長にお願いされてしまった。

 お忙しい中、恐縮だと思ったがその真剣度合に不謹慎ながら笑みが出てくる。

 結果は言うまでも無いが、プロの仕事だ。スタッフに言わせれば「モデラーですから」の一言で片付けられてしまったが。

 何だか、盛り沢山の一日だった。

 本日の走行距離:  59km
 オドメータ:   19,528km

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: 単車
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://toyozi.blog50.fc2.com/tb.php/19-be87517a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。