09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

World Time

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

日々想うコト

趣味(単車、旅etc・・・)、仕事、時事等々、独り言をつらつらと書き留めておきますか。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

飲酒運転と少年犯罪

2006.10.31/Tue/02:19:31

 うちの会社では若手が持ち回りで朝礼の司会を行う。
 彼らの殆どが技術職ということもあり、人前で話すことが少ないため、少しでもそう言った機会を与えようというのが趣旨だ。
 そういった意味もあり、朝礼の後は一分間スピーチと言って、何でも良いから皆に伝えたいことを一分間話をしてもらう。

 先週、担当した中の2名が酒酔い運転について触れ、取り上げた例は異なるが、平たく言えば「酒酔い運転は悪いことだから絶対止めましょう」という話をした。

 酒酔い運転は確かに良いことでは無い。
 酒酔い運転の車に大切な身内を殺された遺族の気持ちを・・・と言われれば、それは余りに正義なので反論の余地は無い。

 また、ちょっと例は変わるが少年犯罪もそうだ。
 昨今は凶悪な少年犯罪が増加している。
 ゲームが悪い。政治が悪い。学校(教師)が悪い。地域が悪い。etc・・・

 酒酔い運転の車が事故を起こした例は少なからずある。
 しかし、酒酔い運転を撲滅出来れば交通事故は激減するのだろうか?

 少年犯罪は本当に増加しているのだろうか?

 ここに興味深いBlogサイトがあるのでご紹介したい。

池田信夫 blog:飲酒運転事故は増えているのか

少年犯罪は急増しているか?

 私はここに書かれていることが全て真実だという裏付けは持っていないので、真偽については言及しないが、ある情報の捉え方としてはとても共感を持っている。

 ここは敢えて日本人と書くが、ある特定のベクトルが市民権を得ると、その方向性のみを賛美し、他の方向性を認めない指向がとても危険なほど強い民族な気がする。
 それも、単に賛美するだけならまだマシだが、各種の統計などの事実自体から目を逸らして、声高にヒステリックに突き進むのが、まるでレミングのネズミのようでとても恐怖に感じる。

 先日、滋賀県彦根市の獅山市長が、「飲酒運転の報告義務づけは、憲法違反で人権侵害」の可能性があると記者会見で話すと、翌日から100件弱の批判のメールや電話が相次いだとのこと。

 「時代に逆行している」、「公僕として・・・」等、ごく当たり前のことを言っているように聞こえるが、犯罪とは時代や風潮によって定義されるべきものではないし、ましてや贈収賄などの一部の経済犯を除き、職業により軽重が課せられるべきものではない。

 確かに民間企業に勤めているものからすれば、奈良県の5年余りで8日間しか出社して無くとも給料を満額貰っていた職員のことや、もっと身近な社会保険庁の不祥事などを聞くと、私とて少なからず税金や各種の保険料を納めている身としてやるせなさがあるのは否定しない。

 しかし、だからといって魔女狩り的につるし上げれば良いというものでは無いだろう。
 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という諺は、それが当然という意味ではなくて、そういった愚かな考え方を嘲笑することによって戒めているのだと愚考するのだが、昨今はどうやらそれが当たり前といった意味に使われているのだろうか。

 先の憲法違反の話については、私は獅山市長の考えに賛同である。
 市長は元神戸地検検事で、元法曹の立場として憲法の重要性を述べたに過ぎないし、ある意味、行き過ぎの風潮に警鐘を鳴らしたかったのであろうと思うが、そういった意味を含めて、よく言ったと賞賛したい。
 然し、私のような意見は5件に満たなかったと聞く。

 交通事故はどちらも被害者の犯罪だ。
 事故を減らす効果的なあらゆる手段を講じるに異論は無い。
 しかし、ある象徴的な事故を錦の御旗に仕立て上げ、ヒステリックに騒ぎ立てるだけでは、本来の「交通事故を減らす」という目的から逆に遠ざかるだけなのではないか?

 事実、つい最近までマスコミを賑わした交通事故の話題は携帯電話絡みではなかったか。
 しかし、Yahoo!ニュースで検索すると、「交通事故 酒」のキーワードで10月だけで26件に対し、「交通事故 携帯電話」は0件(2件ヒットするが内容が異なるため。ちなみに先のキーワードでも関係ない1件は除いている)ということを皆はどう感ずるのだろうか。

 私は情報を配信することを生業としている輩からの情報は、それが企業であれ、個人であれ必ずバイアスが掛かっているものと確信している。
 だが、それは対価を得て行っている仕事である以上、当たり前というか必要悪であるとも考えている。
 だからこそ、与えられた情報を、真偽を正しい姿に戻すのは受け取る者個々の成すべき業だと思うのだが。

にほんブログ村のランキングに参加しました。
ポチッとしてくれると嬉しいです。ご協力お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
カテゴリ: 時事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

2コ目のコメント

「本気のクルマ選び」で拝見させていただいております。
私も飲酒運転をこうも魔女狩り扱いしていいものだろうか、と思う1人です。
MGFに乗っておりますが、今にスピード違反もこんな風に騒がれたらつまらなくなるなあ、と思っています。
人間はロボットじゃないですからね。「水清ければ 魚棲まず」。良い諺だと思うんですが。
(モトグッチの記事、参考になりました)
URL | fu #qbIq4rIg
2007/01/01 21:28 * 編集 *

ありがとうございます

コメントありがとうございます。
ブログ開設以来、初めてのことなので、とても嬉しいです。
「本気のクルマ選び」は如何でしたか?
年が明けてから仕事が急に忙しくなり更新を怠ってました。
今年も、時事やモトグッチの話題を書きたいと思ってますので、これからも宜しくです。
URL | toyoZi #L1CaoBC2
2007/01/18 13:10 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://toyozi.blog50.fc2.com/tb.php/8-ddb3432f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。